デモ口座の真実 2

こんにちは。GodSpeed Tradingsです。

前回記事「デモ口座の真実 1」では、私GodSpeed TradingsがアービトラージEAを試験運用から実運用にシフトする直前までを書きましたが、本日はその続きとなります。

まだ前回記事をお読みでない方は是非前回記事デモ口座の真実 1」を最初にお読み下さい。



デモ口座での試験運用で特に成績が良かった数社でリアル口座を開設し実運用したのです。



が・・・



全く儲からないという衝撃的な現実を目の当りにしました(苦笑)

しかもダブルパンチとも言える現象が・・・



同時並行で運用していたデモ口座では儲かっているのです!

しかし、パンチを受けてノックダウンするだけでは対策は行えません。

この時運用していたアービトラージEAには、EA「ひとりガチ」に搭載しているブローカーの不正を測定するシステムとほぼ同等の機能を搭載していましたので、ブローカーはどのような方法で儲からないよう対抗手段に出たのかを分析しました。



結論としては「VDP(Virtual Dealer Plugin)と呼ばれるアンチアービトラージ機能とも呼べるような隠し外部プラグインで対抗された」ようです。

ブローカーはどのような方法で儲からないよう私に仕掛けてきた対抗手段は

☑価格操作

☑異常なスリップ

☑約定遅延

とトリプルコンボでした(苦笑)

こんな事をされて儲かる訳がありません・・・

実際このような手を使ってくるブローカーの名前を出してやりたい所ですが、一個人の私が企業の弁護士相手に勝てる訳がありませんので企業名はナイショにしておきます。

しかし、かなり多くの会社がVDPを使っていると感じました。



この例は特異例ではありません。

デモ口座では儲かるがリアル口座では全く儲からないという事は多々あります。

逆に言うとデモ口座とリアル口座挙動が似ているブローカーは優秀かつ誠意があるブローカーとも言えます。



このような経験をしたからこそ、おかしな手を使ってくるブローカーを使って欲しくないなと思いEA「ひとりガチ」にもブローカーの不正監視機能を搭載していますが、今後リリースするかもしれないGodSpeed TradingsのEA全てにもこのブローカーの不正監視機能を搭載します!



この機能を使えば今お使いのブローカーの本性が丸わかりになります!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

シェアする

フォローする